おおさか人材雇用開発人権センター

おおさか人材雇用開発人権センターの「活動予定」と「活動報告」をお知らせしています。

トップページ > 2015年:その他事業 > 「人権協会」との連携

その他事業

 市町村・「地域就労支援センター」との連携 「人権協会」との連携 「障害者就業・生活支援センター」、支援学校等との連携 「えせ同和行為等」を根絶するための情報提供と相談の実施 「熱と光の会」の支援 会員拡大の取り組み

「人権協会」との連携

マークApril 13, 2015

2014年度第2回職業教育基金監理運営委員会を開催しました。

 1年間の取り組み状況の確認と、2015年度事業第2回理事会を開催しました。北口副理事長の主催者挨拶の後、監理運営委員会の福原委員長(大阪市立大学教授)が議長として審議を進めました。
  この委員会は、2009年3月末で、当時の(財)大阪生涯職業教育振興協会が解散し、C-STEPに寄贈された残余財産をもとに基金を創り、基金の適正な監理と活用を行うために外部委員を交えて設置されたもので、2010年2月に第1回委員会が開催されました。
基金は、就職困難者の就労支援に関わる事業に支出されており、具体的には、これまで支援学校等生徒向けの介護職(ヘルパー2級)資格取得研修やビジネスマナー講座の実施、さらにはC-STEPも組合員である有限責任事業組合大阪職業教育協働機構(A'LLP)の実施する企業訪問事業等を実施してきました
委員会では、2014年度事業として、ビジネスマナー講座については、追加も含めて計12コースを実施し、定員120名に対して18校から108名のエントリーがあり、うち103名が修了書を受け取りました。参加した生徒や教員の皆さんからは高い評価をいただきました。また、2012年度からA'LLPが取り組んできた企業訪問事業によって、委託訓練等の受講者の就職率が、事業実施前の40%前後から80%を超えるようになり、企業とのネットワークづくりの成果が確認されました。
2015年度以降の事業については、残り少なくなった基金を有効に活用するために、ニーズの高いビジネスマナー講座の実施に絞り、さらにコースの充実を図っていくことが確認されました。

福原 宏幸   大阪市立大学大学院経済学研究科教授
吉野 隆之   大阪府商工労働部雇用推進室就業促進課長
山藤 昭雄   大阪市市民局ダイバーシティ推進室就労対策担当課長
小川 誠一郎 住友電設株式会社人事部長兼総務部長
内海 義春 前 大阪企業人権協議会事務局長
井上 龍生   一般社団法人おおさか人材雇用開発人権センター理事


P1030463.JPG

日時:2015年3月5日(木)14時~
場所:中央大通FNビル13F会議室

カテゴリー :「人権協会」との連携

ページの先頭へ戻る

サイドメニュー

  • 会員入会手続きのご案内
  • C-STEP事業のご利用案内
  • C-STEPの愛称・ロゴ
  • 様式
  • 総会議案書
  • 職場実習のお願いについて
  • リンク
  • TEL・FAX
  • 住所
  • 地図を表示

大阪北部地震・西日本豪雨により
被災された皆様に心から
お見舞い申し上げます