おおさか人材雇用開発人権センター

おおさか人材雇用開発人権センターの「活動予定」と「活動報告」をお知らせしています。

マークAugust 7, 2014

2014年度通常総会が開催されました。

 2014年度C-STEP通常総会が、6月25日(水)大阪市立阿倍野区民センター大ホールで、1022会員のうち653会員(委任状を含む)の出席を得て開催されました。
松本隆理事長の挨拶の後、まず松井一郎大阪府知事および橋下徹大阪市長の祝辞が代読され、引き続き、北口末廣部落解放同盟大阪府連合会委員長から祝辞をいただきました。
 次に、第7期C-STEP評価・顕彰会員の感謝状の贈呈式がおこなわれました。第7期は、昨年度同様、評価期間を1年間とし、評価を「就職マッチング」「人材開発・養成貢献」「会員貢献」の3つの分野でおこないました。
今期は、326会員のエントリーがあり、2014年5月9日に開催された第7期評価・顕彰検討委員会で、「会員貢献度評価顕彰制度」に基づき審査した結果、34会員に「就職マッチング賞」、29会員に「人材開発養成貢献賞」、6会員に「会員貢献賞」が決定しました。
 「就職マッチング賞」は、市町村の「地域就労支援センター」を通じ、就職について様々な困難を抱える人たちの雇用や支援学校等の生徒の雇用について大きな成果をあげた会員に贈られます。「人材開発・養成貢献賞」はC-STEPが実施する講座受講生の職場実習の受け入れや「人材開発・養成情報カード」や「職場実習エントリーカード」の提出等に積極的に取り組んだ会員に贈られます。また、「会員貢献賞」は、C-STEPの運営や取り組みに積極的に関わるとともに、大阪府の「障がい者工賃倍増計画推進事業」に協力し、積極的に授産施設に物品購入や業務発注等を行った会員に贈られます。
 総会では、「就職マッチング賞」に選出された34会員を代表して、学校法人近畿大学に、向井大阪府商工労働部労働政策監から大阪府知事名の感謝状が授与されました。また、同じく株式会社ジェイアール西日本メンテックに、梶本大阪市市民局理事から、大阪府知事名と大阪市長名の感謝状が授与されました。引き続き、「人材開発・養成貢献賞」に選出された29会員を代表して、株式会社ダスキンに、向井労働政策監から大阪府商工労働部長名の感謝状を授与されました。また、同じく株式会社ワーコムに、梶本市民局理事より、大阪府商工労働部長名と大阪市市民局長名の感謝状を授与されました。最後に、「会員貢献賞」に選出された6会員を代表して、イトキン株式会社に、松本理事長より理事長名の感謝状が授与されました。
 感謝状贈呈式の後、日産大阪販売株式会社の島川一彦さんと株式会社ジェイアール西日本メンテックの石橋正敬さんが議長団に選出され、通常総会の議案審議に入りました。
 第1号議案の「議事録署名人選任」の後、第2号議案の「2013年度事業実施報告」を元大阪府商工労働部副理事の中岡章良理事から、第3号議案「2013年度決算報告」をC-STEP谷元達夫事務局長から、第4号議案「2013年度監査報告」を阪急電鉄株式会社の高山直樹監事から、一括して説明・報告を行い、その後審議に入り、提案どおり、第2号議案から第4号議案は承認されました。
 次に、第5号議案「役員選任」について、谷元事務局長より、5名の理事が辞任することになったことから、去る5月21日に開催された第1回理事会で推薦された5名の新任理事の提案が行われ、全員が承認されました。
 第6号議案「2014年度事業計画」について大阪ガス株式会社の淡路匡理事、第7号議案「2014年度収支予算」について谷元事務局長が一括して説明を行い、提案どおり、第6号・第7号議案は承認されました。
 次に、第8号議案「役員退職慰労金の支出」について、谷元事務局長の説明の後、松本理事長から補足説明があり、提案どおり承認されました。
 最後に、大阪同和・人権問題企業連絡会理事長の井上龍生理事から閉会の行い、すべての議事が終了しました。
 また、同センターにおいて第2回理事会が開催され、理事の互選により、
理事長に藤田理事、副理事長に北口理事、常務理事に谷元理事が選任されました。

カテゴリー :2014:その他事業

ページの先頭へ戻る

サイドメニュー

  • TEL・FAX
  • 住 所
  • 地図を表示
  • 会員入会手続きのご案内
  • C-STEP事業のご利用案内
  • C-STEPの愛称・ロゴ
  • 様式
  • 総会議案書
  • 職場実習のお願いについて
  • リンク


東日本大震災により
被災された皆様に心から
お見舞い申し上げます