おおさか人材雇用開発人権センター

おおさか人材雇用開発人権センターの「活動予定」と「活動報告」をお知らせしています。

トップページ > 2014年:人材開発・養成事業 > 大阪府域支援学校等との連携|2014:人材開発・養成事業

人材開発・養成事業

人材スキルアップ定期コ-ス 人材スキルアップ随時コ-ス 人材キャリアアップコ-ス 人材キャリアアップC-STEPコース 大阪府域支援学校等との連携 有限責任事業組合大阪職業教育協働機構との連携

大阪府域支援学校等との連携|2014:人材開発・養成事業

マークJune 24, 2014

特例子会社 ANAウィングフェローズ・ヴイ王子株式会社 大阪ドキュメントセンターの職場見学事前説明会に参加しました。

001.JPG          ANAウィングフェローズ・ヴイ王子株式会社社長の遠藤達哉さん


 C-STEP会員で、特例子会社のANAウィングフェローズ・ヴイ王子株式会社が2014年6月18日(水)に大阪ドキュメントセンターの職場見学事前説明会を開催しました。当日、大阪労働局、ハローワーク、大阪府教育委員会、障害者就業・生活支援センター、支援学校等から57名の参加があり、C-STEPのスタッフも参加しました。
 ANAウィングフェローズ・ヴイ王子株式会社は、1993年6月に前身であるエーエヌエー・ウィング・フェローズ株式会社として設立し、同年12月にANAの特例子会社として認定された会社です。2003年に、商号がANA・ウィング・フェローズ株式会社に変更し、昨年(2013年)には、ANA・ウィング・フェローズ株式会社と有限会社ヴイ王子が合併し、ANAウィングフェローズ・ヴイ王子株式会社になりました。同年、飛行機の整備に関する書類を電子データ化する大阪ドキュメントセンターが設立され、今年で1周年を迎えます。
 同会社の企業理念は以下の通りです。
『経営理念:社員の多様な働き方を推進し、ダイバーシティとホスピタリティでANAグループをリードします。障がい者雇用を単なるゴールとせず、障がい者が中心となった事業運営を推進し、社員価値・会社価値を最大化します。社員の自由で柔軟な意見や提案を推奨し、前例や慣習、多数決にこだわらずスピード感をもって会社運営を行います。』
『2015年ビジョン:一人ひとりが自信と誇りを持ち、日々挑戦することによって社会的に広く認知された憧れの会社となる。多様な障がい特性にマッチした働き方や事業分野を開拓し、幅広い障がい者雇用を実現する。』
 説明会では、まず遠藤達哉代表取締役社長が開会の挨拶をされた後、大阪ドキュメントセンターの社員の方々から、会社・業務概要の説明および飛行機概要と見学注意事項の説明がありました。大阪ドキュメントセンターでは、日本だけでなく世界各国から届く飛行機の整備に関する書類の電子データ化に従事する社員として、障がいを持つ人たちを雇用しています。
 会社概要の説明の後、参加者は格納庫(飛行機を整備する場所)を見学し、大阪ドキュメントセンターで働く障がいを持つ方々の仕事ぶりを見て回りました。約40人の社員が黙々と業務をこなしておられました。また、写真や説明をたくさん使ってとてもわかりやすい業務マニュアルが作られていたり業務内容の変更を周知するためのわかりやすい掲示板なども拝見し、誰もが働きやすい職場作りに向けた工夫の一端を垣間見ることができました。
 大阪ドキュメントセンターでは、今後、職場見学会の開催が予定されています。

カテゴリー :大阪府域支援学校等との連携|2014:人材開発・養成事業

ページの先頭へ戻る

サイドメニュー

  • 会員入会手続きのご案内
  • C-STEP事業のご利用案内
  • C-STEPの愛称・ロゴ
  • 様式
  • 総会議案書
  • 職場実習のお願いについて
  • リンク
  • TEL・FAX
  • 住所
  • 地図を表示

大阪北部地震・西日本豪雨により
被災された皆様に心から
お見舞い申し上げます